女の人は冷徹なので、本当に無理だと泣かないです。

泣いてるうちは大丈夫。

泣かなくなったらアウト。

 

女性が感情的になる。それは

心が嵐の中にいるようなもの。

 

嵐の中にいるあまり、さっさと事を終わらせたい、

別れる、離婚すると言ってくるかもしれない。

 

そこで男性側は感情的になってはいけない。

感情的になって、ロジカルに詰めてはいけない。

 

全くの逆効果だ。

 

じゃあどうすれば・・・

 

嵐が止むまで時を待て。

時を稼ぐ。

嵐を必要以上にひどい嵐にしているのは女性自身。

共感し続ける。謝り続ける。色々あろうが、そこは男らしく、

ゴール意識で。

 

自分の気持ちをぶつけて、スキンシップを取る。

 

嵐を収めて和む。

 

少し経つと、女性は案外とすっきり忘れてくれる。

 

ここで男性は、あれはなんだったのか、などと

憤ってはいけない。

 

今とさっきは女性脳の中では、

リンクしていないのだ。

 

あれはあれ、これはこれ、である。

 

なお、この内容を理解していただいた男性の方々、

決してこれを理解していることを相手の女性に悟られないでください。

ばれると、激高されます。

 

 

 

優しく、共感スキルがあって、ノリが良い男性がモテる。

私を含めて、世の男性諸君に申し上げる。

 

この男性が詐欺師でも、女性はそれでいいのだ。

 

チャラいとか、嘘くさいとか言うだろうが、

むっつりと何も言葉を発しない男よりも、

何倍も良いのだ。

 

男性は身を守るために優しく共感して、ノリよく接しろ!

どんな女性でも何でもいいから褒められれば嬉しい

これが男にはわからない。

 

何故真実味がないことでもとにかく言った方がいいのか。

事実じゃなくてもいいのか。

後々になって面倒なことにならないのか。

嘘は言えない。

 

などなど。

 

男は考える。

 

そんなことを女性は考えない。

それを男は理解できない。

 

ならば、それを理解できない男という存在を認識しろ。

 

そうして、女性と円満、

いやうまく交わす、

いや逃げ切るためには、

 

とにかく褒めて逃げろ!